キャッシング 返済遅れ 取り立て

大手キャッシング会社なら、怖いお兄さんはやってきません!

闇金が儲かるのは元金を返させず、利子ばかりを支払わせることによって、
長い間取り立てができるような仕組みになっているというのは有名な話です。

 

管理人はVシネマの見すぎもあってか(笑)、
≪キャッシング=借金⇒怖い人からの取り立て≫という脳内構図が出来上がっていて、
初めてキャッシングするときはかなーり怯えていました。

 

実際やってみたらそんなことは全くなくて、全然余裕や〜ん!って感じです。

 

まぁ電信柱に貼ってあるような金融会社に電話して借入したなら、
ドラマや映画の世界の実現もあり得なくはないでしょうけど。(汗)

 

テレビでCMが流れているような消費者金融ではモラルが守られているので、
よっぽどひどい延滞をしたり全く返す気がない場合以外は
プライベートが侵害されたり、生活に支障が出ることはないはずです。

 

もし、返済が遅れてしまったらどうなるの?怒られない?

 

では、もしも延滞をしてしまったら
キャッシング会社や銀行はどのような対応に出てくるのでしょうか。

 

キャッシング会社も銀行も、
まずは返済が滞っている旨を本人携帯への電話、郵送物でお知らせしてくれます。

 

例えば、その催促の電話で返済を約束したとします。
すると、とりあえず一旦入金の約束期日まで連絡が入ることはありません。

 

ですが、さらに返済が出来なかった、忘れてた…となった時は
さすがにモラルの守られているキャッシング会社でも
毎日催促の電話や、勤務先への連絡が始まります。

 

それが一ヶ月も続くようなら、ついに自宅訪問をされることもあるでしょう。

 

取り立て

 

このサイトで紹介しているような銀行やキャッシング会社であれば、
まだ穏やかに対応してくれると思いますが、
中小金融だったり、闇金だった場合は1か月も待ってくれません。

 

少し遅れただけでも圧をかけられる可能性が高いです。

 

中小金融は大手に比べると審査も甘く、借入がしやすいのがメリットですが、
万が一返せなかったときの取り立て時のデメリットを考えるとおすすめできません。

 

当然ですけど、返せないお金は借りるな!ということです。

 

『ご利用は計画的に!』

 

当たり前のことなんですけど、これはほんと借入の鉄則です!

 

のちのち苦しい取り立て生活に追われないように、
借りるときは返済のことまでしっかりと考えた借入を心掛けましょう。

 

実質年率が低いキャッシングをまとめてみた!