キャッシング 銀行カードローン 違い

キャッシングと銀行カードローンの間違った情報に注意!

たま〜にキャッシング関係のサイトを見ていると、
『キャッシング』と『銀行カードローン』の違いはなにか?というページを見かけます。

 

そこで紹介されている内容は、
キャッシング(クレジットカード)は一括返済で、カードローンは分割返済ということです。

 

銀行カードローンとキャッシングの違い

 

みなさんお分かりかと思いますが…

 

間違っています。

 

キャッシング(消費者金融)から借りても、クレジットカードを使用して買い物をしても、
分割での返済は可能です。

 

いやいやだって…クレジットカードを使って高額なものを買ったときに
定員さんに「一括でよろしいですか?」って聞かれるでしょ?

 

裏を返せば、分割でもいいってことなんです。

 

それを何を思ったか、キャッシングやクレジットカードは一括返済という
間違った情報を流している人もいるんですね。

 

困ったもんです。

 

正直なところ、キャッシングと銀行カードローンの違いってそこまでないと思います。

 

あるとしたら金利が多少銀行カードローンのほうが低いってことくらいではないでしょうか。

 

といっても、キャッシング会社の金利もほぼ銀行と変わりませんけど。
悪徳な消費者金融だと、違反である金利20%や、「トイチ」とかがありますね。

 

名の通っていないところから借りるのは絶対にやめておきましょうね。

 

ちなみに、このサイトで紹介しているキャッシング業者は全てバックにどこかしらの銀行がついているので
不正な金利や私生活に支障が出るような取り立ても決してないので安心です。

 

もしも家族や恋人にバレたくない…とか思っている人は、銀行カードローンのほうがバレない?!

 

銀行カードローンで借りたほうが、郵送物も銀行から案内が来ただけということにできるので
その点では人からの信頼度が落ちないってことが消費者金融から借りるよりもメリットかな〜と思います。

 

とはいっても、キャッシング会社から郵送物が届くとき、
露骨に「プロミス」とか「アコム」という名称では来ません!

 

「○○サービスセンター」など、キャッシングと繋がらない名前で
届くのでそこまで恐れる必要はないんですよ〜。

 

ただし!ネットで検索されたり、封を開けられたら元も子もないですけど!(笑)

 

実質年率が低いキャッシングをまとめてみた!