キャッシング 実質年率

管理人がおすすめする実質年率が低いカードローンは『みずほ銀行カードローン』!!

実質年率が低いカードローンで
管理人が最もおすすめしたいのが、『みずほ銀行カードローン』!!

 

みずほ銀行カードローン

 

みずほ銀行カードローンの実質年率は4.0〜14.0%になっています!

 

みずほ銀行はメガバンクの中でもATMの数がNo.1で約6,700もの拠点があるので、
いつでもどこでも借入、返済が出来るのがすごく便利です。

 

WEB完結申し込みが出来て、即日融資が可能なのもポイント高めの理由です!

 

また、専業主婦も借り入れできるので奥様の味方です!

 

みずほ銀行カードローンの詳細はこちら★

 

 

イオン銀行のカードローンBIGもおすすめ!

 

イオン銀行カードローンBIG

 

イオン銀行の実質年率は3.8〜13.8%で、みずほ銀行カードローンより0.2%ずつ低いです。

 

イオン銀行は14時までの申込で、原則当日中に審査結果の連絡があります。

 

みずほ銀行同様、専業主婦の借り入れもOKで幅広い層に支持されているカードローンです。

 

ただし気になるところが、本人確認書類などの提出が郵送でのやりとりになることです。
イオン銀行に口座がない場合は融資までに少し時間がかかってしまいます。

 

イオン銀行のメリットといえば、ショッピングセンターなどもありなじみ深く、
安心できるという点ではないかと思います!

 

 

オリックス銀行カードローンは高額融資希望の人におすすめ!

 

オリックス銀行カードローン

 

オリックス銀行カードローンは実質年率が3.0〜17.8%と、
最低金利は一番安く、最高金利は一番高いです。

 

ですので、少額を借りたい人よりも高額な融資を希望する人に適しています。
ちなみに専業主婦は借入対象外になるので、利用出来ません。

 

オリックス銀行カードローンは口座開設も不要で、
全てをWEBで完結できるのでスムーズな融資が期待出来ます。

 

オリックス銀行カードローンの詳細はこちら★

 

 

銀行カードローンだけじゃない!実はキャッシング会社の実質年率も銀行と変わらないんです!

 

キャッシング会社も実は銀行とあんまり金利が変わらないんです!

 

ちなみに、消費者金融の金利は平均4.5〜18.0%です。

 

キャッシングの中でも『プロミス』がもっともおすすめです!

 

プロミスの実質年率は4.5〜17.8%です。

 

プロミス

 

プロミスは、初めての利用であれば利息が30日間無料になっています。

 

それも契約時から30日間ではなく、初めて借り入れをしてから30日間のなので
先にカードを作っておいても、初めての借り入れ時にその特典が受けられます!

 

プロミスの詳細はこちら★

 

 

100万円未満の借り入れなら金利は最高金利がかかるもの!

 

実質年率とは要は実際にかかる金利のことですが、
各社金利のパーセンテージには幅がありますよね?

 

例えば10万円をカードローンなりキャッシングをした場合、
どれくらいの利子がかかるのかというと、提示されている金利の最大パーセンテージがかかることがほとんどです。

 

最低金利の3.0〜4.5%が適応されるのはあくまで高額な借入があるときだけです。

 

100万円未満の借入であれば、基本的に一番高い金利をかけられるものだと思っておいてください。

 

4.0%をかけて計算してたのに本来は18.0%だった!!とかだとつらいんで…(汗)

 

金利の計算方法はこんなに簡単だけど正直めんどい!

 

金利の計算方法は、例えば金利が18.0%のところで10万円借りたら...

 

10万円(借入額)×18%(金利)÷365日(年)×30日(該当月の日数)=1,479円(その月の支払いにかかる利息)

 

という計算になります。

 

毎月、借入額の部分該当月の日数は変わるので、月ごとの利子は違います。

 

その都度計算しないと、今回の支払いではいくら利子が掛かっているのか分からないというのが面倒ですね〜。

 

それでもちゃんと計算している方が自分の支払い状況とかもしっかり理解できて、
借り過ぎ、延滞の防止にはなることでしょう!

 

実質年率はもちろん、借入、振込手数料にもこだわって!!

 

金利ばかりに目が行きがちですが、
利用するときに毎回手数料がかかるようでは、無駄な出費が増えてしまいます。

 

提携しているATMなら手数料無料というところは多いですが、
無料の時間が決まっているところもあれば、終日無料のところもあります。

 

また、提携しているATMの数が多いに越したことはありません。

 

提携しているATMが近くになければ、終日手数料無料でも意味ないので
その点ではやはりみずほ銀行の6,700という拠点の多さは魅力だと思います!

 

みずほ銀行店舗

 

みずほ銀行カードローンの詳細はこちら★

 

 

管理人が実質年率にこだわる理由

 

お金の借り入れって、結局自分の都合で借りているので利子がかかって当然のものだと思うんですが、
はっきりいってお金に困ってるからお金借りたいんだし、
返すときに元金よりも返金額が倍になっていたり、たった1円でも損している場合じゃないんですよ!

 

少なからず管理人が初めて借り入れをしたときは、人生の窮地に立たされている状態だったので、
ちょっとでも安く利子を押さえてお金を調達したかったんです!

 

今思ったら、窮地だったわりにはそこまで考えて冷静だったな〜って思いますけど。(笑)

 

結果的にはそんな時にも冷静ていられたおかげで借金が焦げ付いたり、
返済が滞るようなことがなかったので、マジで実質年率の低いところを見極めて借入して良かったと思います!

 

このサイトで紹介している銀行や、消費者金融は管理人的には全部安心して使っていい業者だと思ってます。

 

これから借入する業者を決める人は、実質年率はもちろん、
自分の活動拠点の近くにATMがあるか、手数料はどれくらいかかるか、
借りたい額が自分の収入に見合っているかなど、『冷静』に考えた上で借入を始めることをおすすめします!